沖縄タイムス+プラス ニュース

神里(糸満高出)横浜から2位指名 プロ野球ドラフト 沖縄県勢は育成含む7人

2017年10月27日 08:15

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで開かれ、県関係では社会人野球の古豪・日本生命で走攻守に活躍する神里和毅外野手(23)=糸満高-中央大出=が横浜DeNAから2位指名された。また今夏、侍ジャパンにも選ばれたNTT西日本の大城卓三捕手(24)=首里中-東海大相模高-東海大出=が巨人で3位となるなど計4人が指名を受けた。

日本生命の十河章浩監督(左)から祝福を受ける神里和毅=26日午後7時すぎ、大阪府貝塚市の同社野球部寮(我喜屋あかね撮影)

大城卓三(巨人3位)

平良海馬(西武4位)

與座海人(西武5位)

比屋根彰人(オリックス育成3位)

砂川リチャード(ソフトバンク育成3位)

比嘉賢伸(巨人育成1位)

日本生命の十河章浩監督(左)から祝福を受ける神里和毅=26日午後7時すぎ、大阪府貝塚市の同社野球部寮(我喜屋あかね撮影) 大城卓三(巨人3位) 平良海馬(西武4位) 與座海人(西武5位) 比屋根彰人(オリックス育成3位) 砂川リチャード(ソフトバンク育成3位) 比嘉賢伸(巨人育成1位)

 西武の4位に、八重山商工高の最速152キロの本格右腕・平良海馬投手(17)が、また5位に下手投げが持ち味の岐阜経済大・與座海人投手(22)=沖尚高出=が指名を受けた。

 育成枠では3球団から3人が指名された。飛龍高(静岡)の比屋根彰人投手(18)=潮平中出=がオリックスの3位、沖縄尚学高の砂川リチャード内野手(18)がソフトバンクの3位に指名された。祖父が沖縄出身の盛岡大付属高の比嘉賢伸内野手(17)は巨人の1位指名だった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気