沖縄県などが26日に発表した児童・生徒の問題行動・不登校調査結果では、高校の中退や小中高の不登校が多いという沖縄の課題があらためて浮き彫りになった。教育や福祉の関係者は、子どもの貧困やそれに伴う意欲の低下が背景にあると推測する。