気象庁によると、台風22号は27日午後3時現在、沖縄の南にあり、時速20キロで北西へ進んでいる。28日昼過ぎから29日にかけて、勢力を維持したまま沖縄地方に最接近する見込み。その後は東よりに進路を変え、速度を上げながら日本の南海上を東北東へ進むと見られる。

台風22号の進路予想図(気象庁HPから)

  台風22号の中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで中心の北側440キロ以内と南側390キロ以内は風速15メートルの強風域。

  28日午後3時には風速25メートル以上の暴風域を伴い、那覇市付近を通過する。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から200キロ以内は暴風警戒域の見込み。

  沖縄気象台は、台風22号は暴風域が小さく、接近すると急に風が強まると警戒を呼び掛けている。