台風22号は27日午後9時現在、沖縄の南の海上を時速20キロで北北西に進んでいる。沖縄気象台によると、台風は28日昼前には風速25メートル以上の暴風となり、昼前から昼すぎにかけて沖縄本島地方に最接近する見込み。29日未明から明け方にかけて通過すると見られる。同気象台は暴風へ警戒するよう呼び掛けている。

台風22号の進路予想図(気象庁HPから)

 中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心から北側440キロ以内と南側390キロ以内では風速15メートル以上の強風。

 台風の接近に備え、那覇市7カ所、豊見城市と沖縄市、宜野湾市のそれぞれ1カ所で避難所を開設。27日午後11時現在、那覇市で17人、沖縄市4人、宜野湾市2人の計23人が避難しているという。

 台風の影響で空と海の便で欠航が相次いだ。空の便は27日、琉球エアーコミューター2便、ピーチ2便が欠航。28日は那覇発着の本土、台湾行きなどで日本航空24便、日本トランスオーシャン航空58便、琉球エアーコミューター27便、全日空69便、ソラシドエア14便、ピーチ20便、ジェットスター14便、スカイマーク34便、バニラエア6便の計266便が欠航。約3万3千人に影響が出る見通し。

 沖縄旅客船協会によると、27日は沖縄本島と離島などを結ぶ船の便92便が欠航。28日もほとんどの便が欠航する見込み。

 沖縄都市モノレールは28日は始発より通常運行する予定。また、29日に那覇市の国際通りで2千人規模の一斉演武などを予定していた「空手の日記念演武祭」は中止が決まった。