台風22号は28日午前6時現在、那覇市の南南東約150キロの海上にあって、1時速約20キロで北に進んでいる。台風は勢力を維持したまま、28日昼前から昼過ぎに本島地方にかなり接近する見込みで、暴風や土砂災害、低い土地の浸水や河川の増水、氾濫、沿岸海域の高波に警戒するよう呼び掛けている。

沖縄本島は激しい雨が降っている(浦添市内から東シナ海方面を撮影)

28日7時10分、気象衛星がとらえた台風22号

28日7時現在の台風22号の進路予想図(気象庁HPから)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風22号(28日7時30分現在)

沖縄本島は激しい雨が降っている(浦添市内から東シナ海方面を撮影) 28日7時10分、気象衛星がとらえた台風22号 28日7時現在の台風22号の進路予想図(気象庁HPから) ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風22号(28日7時30分現在)

 沖縄電力によると28日午前7時36分現在、1390戸が停電している。内訳は伊江村820戸、うるま市230戸、八重瀬町230戸など。

 沖縄本島の路線バスは始発から終日運休となった。沖縄都市モノレール(ゆいレール)は28日午前8時31分発以降、運休となる。再開は状況を見て判断するという。

 28日午前5時52分に南城市玉城糸数で最大瞬間風速36.3メートル、午前4時46分にうるま市宮城島で32.4メートルを観測した。

 中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北側440キロ以内と南側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は本島地方が北西または南東のち南西 30メートル(40メートル)、大東島地方が南または南東の風20メートル(30メートル)、宮古島・八重山地方で北のち北西の風20メートル(30メートル)。

 29日は本島地方が北西の風23メートル(35メートル)、大東島地方が南の風20メートル(30メートル)、宮古島地方で北西のち北の風17メートル(30メートル)、八重山地方が北西の風18メートル(30メートル)。

 沖縄地方の沿岸の海域では29日にかけて、うねりを伴い大しけの状態が続く見込み。海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に警戒を。

 28日に予想される波の高さ(うねりを伴う)は本島・大東島地方が7メートル、宮古島・八重山地方が6メートル。

 本島地方は28日昼前から夕方まで潮位が高くなる見込み。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に注意。

 本島地方では激しい雨が降っている所がある。28日は1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。中南部や北部では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を。28日09時から29日09時までの24時間に予想される雨量は本島地方で200ミリ。