台風22号は28日午前9時現在、那覇市の南南東約70キロの海上にあり、時速20キロで北に進んでいる。午前7時59分に南城市糸数で最大瞬間風速44・2メートルを観測した。沖縄気象台によると午前11時現在、沖縄本島地方は台風中心付近にあり、一部地域で風雨が弱まっているが、昼すぎから吹き返しが始まり、北西の風が強まる見込み。28日午後9時以降まで暴風警報が継続する見込みで、強い風や大雨に警戒するよう呼び掛けている。

台風でなぎ倒された木によって壊れた車=28日午後0時15分ごろ、北谷町宮城・県営砂辺団地

台風22号(28日10時現在、気象庁HPから)

台風22号(28日10時20分、ひまわり8号リアルタイムwebから)

風が止み青空がのぞいている。昼すぎから吹き返しが始まり、北西の風が強まる見込み=28日午前11時38分、南城市玉城

台風でなぎ倒された木によって壊れた車=28日午後0時15分ごろ、北谷町宮城・県営砂辺団地 台風22号(28日10時現在、気象庁HPから) 台風22号(28日10時20分、ひまわり8号リアルタイムwebから) 風が止み青空がのぞいている。昼すぎから吹き返しが始まり、北西の風が強まる見込み=28日午前11時38分、南城市玉城

 台風22号の中心の気圧は975ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 沖縄電力によると、午前10時現在、うるま市の1310戸を含む県内22市町村で計3300戸が停電している。

 午前9時15分には沖縄自動車道、那覇空港自動車道が全面通行止めとなった。沖縄都市モノレールは午前8時31分発の便を最終に運休した。28日は首里城公園、県立博物館・美術館、沖縄こどもの国が休園を決めた。