ことし8月に沖縄県北中城村安谷屋の駐車場造成工事現場で積み石が崩落し、土木作業員の男性3人が死傷した事故現場で、29日、台風22号の影響により足場と積み石が大きく崩れ落ちているのが確認された。周辺住民が28日正午すぎに確認した。

工事現場の足場や積まれた石材が崩れているの確認された現場=29日、北中城村安谷屋

 現場のすぐ近くを流れる普天間川の管理道のフェンスを突き破って石材が川に落ちている様子も確認できた。鉄パイプなどで組まれた足場もばらばらに壊れて崩れている。

 28日正午すぎに「ドドーン」という音を聞いたという近所の60代女性は「強風の音だと思っていたが、あとで確認したら足場も石も崩れているのが見えて驚いた」と話す。

 女性は現場の台風対策がされていなかったと指摘した上で、「死亡事故があったばかりの現場なのに、改善されていない。何が起こるか分からず近隣住民は不安で怖い。行政もきちんと現場を把握して対応してほしい」と話した。