米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F35A2機が30日午後2時28分、沖縄県の米空軍嘉手納基地に飛来した。空軍仕様のF35Aのアジア太平洋地域での運用は初めて。 米太平洋空軍は24日、米ユタ州のヒル空軍基地第34戦闘中隊所属のF35A12機と、要員約300人を11月上旬から派遣すると発表していた。