【東京】中谷元・防衛相は10日午前の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設をめぐり、沖縄防衛局が事前の環境影響評価(アセスメント)の報告書に記載がない大量の石材などを海中に沈める計画について、「汚濁防止幕用のアンカーや海底を平らにするために1トンの石材412個を使用する見込みだ」と説明した。