カモ科の渡り鳥で、国の天然記念物マガン2羽が1日、多良間村塩川の牧場で確認された。人工授精師の村山武則さん(57)が見つけ、農業の羽地邦雄さん(68)が撮影した。 全長70センチほどで、ピンク色のくちばしが特徴。本州や九州に越冬するために飛来する冬鳥。沖縄にもまれに飛来する。