今年1~6月に出会い系以外の会員制交流サイト(SNS)を利用し、沖縄県内で児童買春などの被害に遭った18歳未満の子どもは28人おり、昨年同期比の約2・5倍に上っていることが5日までに県警のまとめで分かった。うち中学生は4倍以上に増加。