子牛の価格高騰を受け、子牛の出産から成牛の出荷までを手掛ける一貫経営に乗り出す畜産農家が出ている。9カ月の子牛を買い取り、成牛まで育てる肥育農家が、出産から携わることで子牛の買い取り費用を節約し、収益を改善させる。高値で仕入れができず減少していた飼育頭数の回復も目指す。