第一航空(大阪府、西川昌伸社長)が23日県庁で記者会見を開き、粟国―那覇間を新機体のバイキング式DHC―6―400型(通称・ツインオッター)を就航させると発表した。現行の機体は9人乗りだが、ツインオッターは19人乗りとなる。航空運賃は変わらない。