6月に92歳で亡くなった元沖縄県知事の大田昌秀さんが沖縄戦で米軍に投降する直前まで隠れた壕は、八重瀬町小城にある「第24師団第2野戦病院壕」であることを、大田さんの元研究所スタッフが9日突き止めた。