最初に、痙縮(けいしゅく)という聞き慣れない言葉について、説明しなければなりません。 痙縮とは、脳やせき髄の病気やその後遺症のために、手足の筋肉が固くこわばったり、力が入りすぎてしまったりする体の状態のことです。