沖縄盲学校幼稚部と小学部の児童15人が10日、沖縄県豊見城市の南部農林高校を訪ね、豚や牛、植物に触れる交流授業を楽しんだ。実際に触ってみた子どもたちは「牛と豚は、毛の硬さも大きさも違う」などと理解した。近く学習成果を発表する。