昨年4月にうるま市内で起きた女性暴行殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死、死体遺棄の三つの罪に問われている元米海兵隊員で元軍属の被告(33)の裁判員裁判の初公判が16日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)である。