国会の予算委員会での質問時間を巡り、与党の自民党が議席数に応じて質問時間の配分を増加するよう主張し、野党との駆け引きが続いている。