市町村が「在園児選考」をするのは、認可保育園の絶対数が足りていないことに根本的な原因がある。必要な世帯全てに保育の場を提供できないために、毎年その必要度合いに順位を付け直すことで保護者に負担を強いてきた。限られた受け入れ枠を割り振る行政側の「苦肉の策」といえる。