沖縄タイムス+プラス ニュース

「辺野古」は平行線 翁長沖縄知事と菅長官が会談

2015年7月31日 11:26

 【東京】翁長雄志知事は31日午前、首相官邸で菅義偉官房長官と会談した。会談後に記者団の取材に応じた翁長知事によると、沖縄防衛局が県に提出した名護市辺野古の新基地建設に向けた事前協議書の取り下げを求めたが、菅官房長官は応じない姿勢を示したという。

翁長雄志・沖縄県知事(左)と菅義偉官房長官

 また、埋め立て承認手続きに法的瑕疵(かし)があったとする第三者委員会の報告書を踏まえ、知事が「これをベースに議論をしたい」と訴えたが、官房長官は県から既に埋め立ての承認を得ていることなどを説明し、話し合いは平行線で終わった。

 一方、官房長官は8月7日に2016年度の予算要求で知事が上京する際、安倍晋三首相が会談に応じることを正式に伝えた。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS