【東京】菅義偉官房長官は4日午前の閣議後会見で、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設作業を10日から9月9日までの1月間、中断すると発表した。菅氏は1カ月間を「集中交渉期間」とし、新基地建設計画の考え方について政府と沖縄県で意見交換する考えを明らかにした。