國場組や琉球大などの研究グループが、泡盛蒸留粕(かす)で土壌の微生物を活発化させ、油分の分解を促進する添加材を開発、特許を取得した。土壌微生物の活動を活発化させる有機物の窒素の代わりに粕を利用。リンと一緒に加えた活性材を汚染土に混ぜ、汚染レベルが基準値以下になる効果を実証した。