沖縄県が大手産廃業者の倉敷環境に対して廃棄物処理法に基づく最も重い「営業停止」の行政処分を下したのは、同社が廃棄物を長年、違法に埋めて放置したとされる悪質な行為を止めるためだ。 1999年ごろからある同社の「ごみ山」は、悪臭や地下水汚染などを地域住民に強いてきた。