第11管区海上保安本部は21日、パラオ沖の西南西約410キロの海上で、那覇地区漁業協同組合(那覇市)所属のマグロはえ縄漁船「第一漁徳丸」(19・99トン、7人乗り組み)が転覆しているのを発見したと発表した。沖縄県出身2人を含む乗組員7人の安否は不明。海上保安庁や付近を航行中の漁船、米空軍の航空機なども加わり、捜索活動に当たっている。

パラオ沖で転覆しているのが見つかった那覇市の第一漁徳丸=21日午前(第11管区海上保安本部提供)

 11管などによると、行方不明になっているのは船長の玉城正彦さん(62)、機関長の嶺井秀和さん(49)=いずれも那覇市=のほか、23~35歳のインドネシア国籍の乗組員5人で、22日午前0時現在、見つかっていない。

 20日午後4時半ごろ、パラオ諸島南西約370キロの海上で、漁徳丸が遭難信号を発したと海上保安庁に連絡が入った。捜索中の船が翌21日午前8時57分、転覆した漁徳丸を発見。船体はほぼ沈んでおり、乗組員の姿はなかったという。また、海上保安庁の航空機が、漁徳丸から東側約6キロにかけて扇形に広がる浮流油を確認した。

 一方、船に備え付けられている救命いかだが外れていることから、関係者は「いかだで漂流している可能性もある」と話した。

 那覇地区漁協によると、漁徳丸は1日に那覇市の泊港を出港し、7日からパラオ周辺で操業を開始した。20日早朝に漁を切り上げ、帰途に就いており、同日午後3時半に衛星電話で連絡を取り合った際に異常はなかったという。

 同漁協の山内得信組合長は「安否確認に全力を挙げている。家族や関係者には心配を掛け、深くおわび申し上げる。一刻も早い発見を願っている」と話した。