産廃大手の倉敷環境(沖縄市池原)がごみを不法投棄したとして産業廃棄物処分業などの許可を取り消された問題で、沖縄県は21日、地元自治会の代表らに対し、年度内に住民説明会を開催する方針を説明した。