沖縄タイムス+プラス ニュース

「平和のための退役軍人の会」で連帯訴え 訪米の名護市議ら

2015年8月9日 06:07

 【平安名純代・米国特約記者】米カリフォルニア州サンディエゴで米退役軍人ら約千人を擁する全米規模の市民団体「Veterans For Peace(VFP、平和のための退役軍人の会)」が開いた創立30周年を記念する総会で6日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐるワークショップが開かれた。

辺野古の現状を報告するエド・サンチェスさん(左)、東恩納琢磨市議(中央)、当真嗣清さん

 総会には、沖縄からエド・サンチェスさん(VFP)、名護市の東恩納琢磨市議、当真嗣清さん(琉球弧の先住民族会)らが参加。総会初日の冒頭で、東恩納市議が持参した稲嶺進市長の「新基地に反対する民意を貫くために連帯を」とのメッセージが読み上げられた。

 アン・ライト元陸軍大佐ら約30人の退役軍人らが参加したワークショップで、東恩納市議は同州バークレー市議会で提案されている辺野古反対を支援する決議案について触れ、「アメリカで辺野古を守る輪を広げたい。あなたが住む市に呼び掛け、バークレー市の提案を全米各市に広げてほしい」などと呼び掛けた。

 ワークショップでは、沖縄県内在住のダグラス・ラミス氏や吉川秀樹氏らのビデオレターも紹介。進行役を務めたサンチェス氏が沖縄支部の創設に向け準備を進めていることなども報告された。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS