沖縄県森林資源研究センター(寺園隆一所長)は、県花デイゴに被害を与えている害虫「デイゴヒメコバチ」を防除するため、外来天敵の「デイゴカタビロコバチ」の野外放飼試験を10月26日から宮古島市の下地島で始めている。今月22日と12月までに2回の放飼を予定している。