名護市辺野古で反対運動を続ける沖縄の関係者は、今回の行政の対応を疑問視し、基地問題が正しく認識されない現状を嘆いた。  ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は、後援取り消しを招いたクレームについて「沖縄を快く思わない人が指摘したのだろう。それに負ける行政は、表現の自由を自ら放棄するようなもの。