12月3日の第33回NAHAマラソンまで24日であと9日となった。大会実施本部は棄権者が相次いだ昨年の事態を踏まえ、今大会から医療・救護態勢をこれまで以上に充実・強化する。同時に、各ランナーに健康面での自己管理の徹底を強く呼び掛けている。