沖縄県内大手の産業廃棄物処理業者「倉敷環境」(沖縄市池原)の産廃処分業許可の取り消しに、県が踏み切った背景には、不法投棄の撲滅を目指す環境省による廃棄物処理法の厳格化があった。県が同社の不法投棄の疑いを知ってから、実際に取り消すまでに約1年3カ月。