沖縄県内大手の産業廃棄物処理業者「倉敷環境」が産廃処分業などの許可を取り消された問題を受け、米軍が基地内で排出されるごみの受け入れを求めて周辺市町村や業者に直談判する事態が起きている。