第11管区海上保安本部は24日、パラオ沖で那覇地区漁業協同組合所属のマグロはえ縄漁船「第一漁徳丸」(19・99トン)と衝突した船について、フィリピン船籍の鮮魚運搬船「ジョセリン」(171・58トン)と発表した。乗組員5人はフィリピン人という。漁徳丸の右舷中央付近に二つの衝突痕が見つかった。