2017年度泡盛鑑評会(主催・沖縄国税事務所、沖縄県)の古酒の部で、41酒造所69点の中から最高賞の県知事賞に選ばれた瑞泉酒造(那覇市、佐久本学社長)の「瑞泉古酒」が27日から214本限定で販売される。720ミリリットル入りで税込み1万2千円。電話予約可。

瑞泉古酒をPRする瑞泉の(左から)伊藝壱明さん、佐久本学社長、仲栄真兼昌工場長=24日、那覇市の沖縄タイムス社

 瑞泉古酒は、約300個のかめで熟成させた古酒を利き酒で選んでブレンドし、何十通りものサンプルから厳選して出品した。ベースは15年古酒で、華やかな香りが特徴という。同社の県知事賞受賞は1989年以降で20回目。

 仲栄真兼昌工場長は「ちょうど飲み頃の古酒に仕上がっている。お正月のお祝い酒にぜひ」と話している。問い合わせは同社、電話098(884)1968。