沖縄県うるま市の女性殺害事件で殺人などの罪に問われた元米海兵隊員のシンザト・ケネス・フランクリン被告(33)に無期懲役を求刑した那覇地検は、犯行態様の悪質さや被害者遺族の処罰感情を踏まえつつも、被告人に有利な事情もあるとして死刑求刑を回避した。