国際人権法学会(申ヘボン理事長)の第29回研究大会が25日、那覇市のタイムスホールで開幕した。初日は「沖縄/琉球と人権」をテーマとしたシンポジウムがあり、国際人権法の観点で沖縄の基地問題を議論。地位協定や自己決定権、軍事性暴力、環境など多角的に考えた。