沖縄タイムス+プラス ニュース

在沖米軍:麻薬絡む事件5件 青少年指導者も逮捕

2017年11月26日 06:00

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】2015年には在沖米軍で麻薬絡みの事件が5件起きた。

 うち1件は県警が3月、青少年を指導する米ボーイスカウト組織のメンバーを逮捕していた。男は大麻入り食品を米国から基地内の住宅に取り寄せたほか、県内で日本人の密売人から買った大麻1グラムを所持した容疑が持たれた。男は地位協定が適用される軍属の立場だった。日本人の密売人も逮捕された。

 7月に起きた別の事件では、教育関係の軍属の家族が大麻0・82グラムを所持した疑いを持たれた。家宅捜索に暴力的に抵抗し、日本側に逮捕された。

 米海軍捜査局(NCIS)も10月、外出禁止処分を破ってキャンプ・ハンセンの外に出た海兵隊員の男を逮捕。暴れて車を壊した男を身体検査すると、大麻3袋が見つかった。

 男は所持と密売を認め、日本の裁判所で懲役3年執行猶予3年の有罪判決を受けた。海兵隊から非名誉除隊することを選び、軍事法廷での裁判は回避した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気