社説

社説[政治家の差別的発言]人権意識の欠如あらわ

2017年11月28日 07:14

 前地方創生担当相の山本幸三・自民党衆院議員が、アフリカ支援に取り組む同僚議員の会合で「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言していたことが分かった。

 政治家の暴言、失言には慣れっこでも、人権感覚を疑う発言は、「誤解」では済まされない深刻な問題を含んでいる。

 山本氏は同党の三原朝彦衆院議員が開いた政経セミナーに出席し、三原氏の政治活動を紹介した上で「ついていけないのが(三原氏の)アフリカ好きでありまして」と述べ、問題の発言をした。

 発言が表面化すると、「アフリカを表す『黒い大陸』ということが念頭にあり、とっさに出た」と釈明し、「撤回したい」と述べた。

 苦しい言い訳である。不快に思ったり、傷ついた人もいただろうに、謝罪の言葉はない。

 「人種差別の観点は全くない」と説明しているようだが、「何であんな」とはどういう意味だったのか。差別的発言だという自覚がないとしたら、その意識のズレが問題である。

 山本氏は地方創生相だった今年4月、外国人観光客に対する文化財の説明に関し「一番のがんは学芸員。この連中を一掃しないと駄目」と語り、批判を浴びた。

 加計(かけ)学園の獣医学部新設を巡り、官房副長官の指示があったとするメールを送信した内閣府職員を「陰に隠れてご注進」と中傷したこともあった。

 これだけ放言が続いているのだから、党としても厳しく対処すべきである。

■    ■

 人種差別と受け取られかねない発言は、昨年2月の参院憲法審査会でも飛び出している。

 同じく自民党の丸山和也参院議員が、オバマ米大統領について「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」と述べたのだ。

 丸山氏は厳重注意処分を受けたが、同じような発言が繰り返されれば、日本の国際的信頼にも傷がつく。

 政治家の差別的発言はさらに続く。

 自民党の竹下亘総務会長が、宮中晩さん会に国賓の同性パートナーが出席することに「私は反対だ。日本国の伝統には合わない」と述べ、性的少数者(LGBT)らから批判されたのはつい先日の話である。

 衆院選の自民党公約に「性的指向・性自認に関する広く正しい理解の増進」とうたったことを忘れたわけではあるまい。

■    ■

 これら発言からすっぽり抜け落ちているのが、長い間、差別に苦しみ、差別と闘ってきた人たちへの配慮や敬意だ。

 差別に基づいたものではないと言いつつ、自分とは違うものを排除しようとする意識も見え隠れする。 

 言葉は政治家の唯一の道具で、最大の武器。言葉の劣化は、政治家自身の劣化にほかならない。

 問われているのは、重い職責に見合った見識と品性である。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気