【沖縄】コザ信用金庫(沖縄市、上間義正理事長)は旅行会社のジャンボツアーズ(那覇市、谷村勝己社長)と業務提携し、定期積み立ての満期時にボーナス分が付いた旅行商品券が購入できるコザしん「ジャンボ定期積金」を12月1日から発売する。

「ジャンボ定期積金」をPRする(左から)ジャンボツアーズの宮城課長、コザ信金の池原部長、漢那利枝係長=27日、沖縄タイムス中部支社

 積立金額は5千円または1万円以上1万円単位で、上限5万円。1〜5年コースがある。1万円を1年間積み立てた場合、5千円分のボーナス分が加算され、12万5千円分の旅行商品券が購入できる。満期時に「預金(積み立て)計算書」をジャンボツアーズに提示した上で、ボーナス分を加算した旅行商品券の購入が可能。購入しない場合は満期額の支払いとなる。

 コザ信金営業推進部の池原秀樹部長は「企業の社員旅行やハネムーンなどに活用を」とPR。ジャンボツアーズ総務経理部の宮城俊彦課長は「満期後の利用が選べることが顧客にとっての最大のメリット」と話した。「ジャンボ定期積金」の問い合わせは、同金庫営業推進部、電話098(932)4711。