名護市辺野古の大浦湾にブイ(浮標)が設置され、14日で丸1年がたった。新基地建設をめぐる相克を重ねてきた海は、急転直下に決まった工事作業の一時中断で閑散としている。建設を進める立場で現場に通っていた人々の思いは-。あらがう市民と対峙(たいじ)する「向こう側」の彼らを追った。