ひめゆり平和祈念資料館(糸満市伊原、島袋淑子館長)の入館者が28日、開館以来2200万人に達した。節目の入館者となった福井県立鯖江高校2年の石本茉穂さん(16)に、島袋館長から認定証と記念品が贈られた。

島袋淑子館長(左)から認定証を手渡される石本茉穂さん=28日、糸満市伊原・ひめゆり平和祈念資料館

 同館は1989年に開館し、年平均入館者は77万人。25年目の2014年8月に累計2千万人を超え、16年2月には2100万人に達した。昨年は57万9865人が資料館を訪れ、沖縄戦や平和の尊さを学んだ。

 修学旅行で初めて沖縄を訪れたという石本さんは「まさか選ばれるとは思っていなかった。これからも戦争について学んでいきたい」と話した。

 この日を待ちわびていたという島袋館長は「これから平和を守る若い皆さんと出会えてよかった。私たちの思いが届いてほしい」と述べ、石本さんを抱きしめて喜んだ。