名護市辺野古区(嘉陽宗克区長)は5日、同区運動場で第44回区民運動会を開き、区民ら約700人が爽やかな汗を流した。

フラフープや二人三脚などの「夫婦リレー」を楽しむ区民=名護市、辺野古区運動場

 ムカデ競走や夫婦リレー、ビール飲み干し競争など19種目。男子60代50メートルにエントリーした10班の古波蔵昇さん(60)は「5年ぶりの出場。何とか頑張りました」と汗を拭った。

 二人三脚、おんぶ、一輪車などを組み合わせた「夫婦リレー」も見所の一つ。伊波裕二さん(39)、昌美さん(39)夫妻は「いい運動になった」と顔を見合わせた。

 同区は10班で構成されるが、11班には米軍キャンプ・シュワブの約70人、12班として沖縄防衛局職員らも参加した。

 嘉陽区長は「キャンプ・シュワブの兵隊と一緒に運動会するのは辺野古だけ。天気に恵まれ、すてきな運動会ができました」と目を細めた。(玉城学通信員)