昨年4月に沖縄県うるま市で県内在住の女性=当時(20)=を暴行目的で殺害したなどとして、強姦(ごうかん)致死、殺人、死体遺棄の三つの罪に問われた元米海兵隊員で軍属だったシンザト・ケネス・フランクリン被告(33)の裁判員裁判の判決公判が1日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)である。検察側の無期懲役求刑に対し、弁護側は有期刑を求めており、争点となっている殺人の成立や量刑を巡る地裁の判断が注目される。

那覇地裁

 検察側は「棒やナイフなどを使った一連の犯行で、被害者が死亡する危険性は高かった」と指摘。暴行の実行行為に着手した時点で殺意は認められ、殺人罪は成立するとした。

 弁護側は、検察側が殺意を立証する重要な証拠としている供述について「不自然な点が多数ある」と主張。「供述に信用性がなく、殺意は立証されていない」と同罪の成立を否定している。