その没後、天才画家と称されるに至った、フィンセント・ファン・ゴッホ。 彼の謎に満ちた死の真相に迫るべく、弟テオに宛てた最後の手紙を手掛かりに物語は進む。ゴッホは本当に自殺したのか、周囲の人たちへの聴き取りから真実を見いだそうと、テオへの手紙を託された青年アルマンは奔走する。