昨年4月にうるま市で県内在住の女性=当時(20)=を暴行目的で殺害したなどとして、強姦(ごうかん)致死、殺人、死体遺棄の三つの罪に問われた元米海兵隊員で軍属だったシンザト・ケネス・フランクリン被告(33)の裁判員裁判の判決公判が1日、那覇地裁であった。柴田寿宏裁判長は求刑通り、被告に無期懲役を言い渡した。弁護側は有期刑を求めていた。

(資料写真)那覇地裁

沖縄うるま女性殺害事件の経過

(資料写真)那覇地裁 沖縄うるま女性殺害事件の経過

 争点は殺人罪の成立と量刑。同罪の成立を主張する検察側は、無期懲役を求刑していた。同罪を否認する弁護側は有期刑を求めていた。

 検察側は「一連の犯行で、被害者が死亡する危険性は高かった」と指摘。暴行の実行行為に着手した時点で殺意は認められるとした。

 これに対し、弁護側は検察側が殺意を立証する重要な証拠としている供述について「不自然な点が多数ある」と主張。「密室で取り調べを受ける中で、取調官に迎合した可能性があり、信用できない」として殺人罪は成立しないと反論していた。

 起訴状によると、ケネス被告は昨年4月28日午後10時ごろ、同市内の路上を歩いていた女性を棒で殴打。両手で首を絞め、ナイフで刺すなどした上で暴行しようとしたなどとされる。女性は一連の暴行で、死因不詳で亡くなった。