沖縄タイムス+プラス ニュース

2万4874人熱走 NAHAマラソン 完走率69.72%

2017年12月4日 07:51

 太陽と海とジョガーの祭典「第33回NAHAマラソン」が3日、開かれた。2万4874人のジョガーが「万国津梁之鐘」の音を合図に那覇市の国道58号明治橋交差点からスタートし、南部5市町にわたる42・195キロを駆け抜けた。午前中は曇り空だったが、午後からは次第に雨が降った。冷たい雨に打たれながら奥武山陸上競技場にゴールしたのは1万7342人。完走率は69・72%で、昨年より16・5ポイント上回った。

スタートの鐘を合図に一斉に走り出すジョガー=3日午前9時すぎ、那覇市旭橋(金城健太撮影)

 男子は、県勢の濱崎達規選手(29)=南城市=が2時間20分30秒で初優勝した。タイムは大会歴代2位の記録で、県勢の優勝は2年連続。女子は廣瀬光子選手(43)=東京=が2時間48分17秒で6連覇を達成した。

 午前9時のスタート時点では気温21・2度、湿度85%で、正午ごろには気温は23・1度まで上がった。

 今大会のスターターは、浦添市出身でプロボクシングWBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾選手(22)が城間幹子那覇市長と共に務めた。

ご協力お礼

 第33回NAHAマラソンは3日に行われ、成功裏に終了しました。ジョガーをはじめ、応援の皆さまやボランティア、大会関係者ほか多くの協力があってのことと感謝しております。ありがとうございました。

 主管・NAHAマラソン協会実施本部

 主催・NAHAマラソン協会(那覇市、南部広域市町村圏事務組合、沖縄タイムス社、琉球放送、那覇市観光協会、那覇市教育委員会、沖縄陸上競技協会)

 

令和最初の「NAHAマラソン」おつかれさまでした!! NAHAマラソンの思い出は「沖縄タイムス写真パラダイス」で。ゼッケン番号で検索できます!


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気