非常に強い台風15号は21日午前6時現在、フィリピンの東の海上にあり、勢力を維持したまま時速15キロで西に進んでいる。沖縄気象台によると、台風は21日には進路を北向きに変え、22日には沖縄の南海上を北上し、23日には八重山地方にかなり接近するおそれがあるという。