18日付で在沖米総領事に就任したジョエル・エレンライク氏が21日、沖縄県庁を訪れ、翁長雄志知事=同右=と会談した。沖縄の歴史や文化を学び、理解を深めるとともに「知事や県民の意見を尊重している。(米軍絡みの)事件・事故を抑制するため、協力を惜しまず、継続する」と日本語で決意を語った。