沖縄の考古学の重鎮で、沖縄国際大学と沖縄大学の学長を歴任した高宮廣衞(たかみや・ひろえ)さんが20日、亡くなった。87歳。那覇市出身。告別式は未定。1994年には、著書「沖縄の先史遺跡と文化」で沖縄タイムス社の第22回伊波普猷賞を受けた。