11月30日に米軍嘉手納基地に暫定配備されている最新鋭ステルス戦闘機F35Aが洋上でパネルを落下させた問題で、在沖米空軍第18航空団は5日、パネルは縦約30センチ、横60センチ、重さ約450グラムだったと発表した。