沖縄県読谷村で6日始まったソフトボール女子日本代表の強化合宿に県出身で唯一選ばれている洲鎌夏子内野手(28)=知念高―環太平洋大出=は「2018年の世界選手権、2020東京五輪につながるようメンタル部分も鍛え、自分の実力をアップさせたい」と意気込んだ。